TOPこうじみやここうじのご利用法

甘酒

米とこうじから作られる甘酒は、「酒」の字は付きますが酵母の作用は受けていないので、アルコールを含みません。

こうじだけで作る甘酒の作り方

■材料

  • こうじ ・・・・・・200g
  • 湯(約60℃)・・・400cc

■作り方

  1. 炊飯器の釜の中にこうじもみほぐし、湯と混ぜる。
  2. 温度を55~60℃位に保ち、4~5時間保温して出来上がり。

冷やごはんとこうじで作る甘酒の作り方

<材料>

  • こうじ ・・・・・・・・・200g
  • 冷やご飯 ・・・・・・・・300g(約一合)※茶碗2杯
  • お湯(60℃くらい)・・・500㏄

<作り方>

  1. 炊飯器の釜の中に冷やご飯とお湯をいれ、 炊飯器を保温にセットする。混ぜた後の温度が60℃位になるようにするところがポイント。
  2. こうじを加え良く混ぜる。温度の下がり過ぎに注意。
  3. 温度を55~60℃位に保ち、8~10時間保温して出来上がり。(最初の4~5時間に途中2~3回かき混ぜる)

お粥とこうじで作る甘酒の作り方

<材料>

  • こうじ(一袋)・・・200g
  • 白米(一合)・・・150g ※もち米ならなお良い

<作り方>

  1. お粥を作る。一合の米を三合のメモリで炊く
  2. お粥を60℃位に冷まし、もみほぐしたこうじを入れて混ぜる。
  3. 温度を55℃位に保ち、途中1~2回かき混ぜ、10~12時間保温して出来上がり。保温の仕方】参照。
  • 温度は、高すぎる(65℃以上)と甘味が出ず、低すぎる(40℃以下)と酸味が出ることがあります。酸味が出た場合は重曹を少し入れると消えます。
  • 途中シャモジ等でつぶすように混ぜることで、より甘くなり、なめらかさも増します。
  • 出来上がり後にミキサーやフードプロセッサーなどで粒をなくす方法もあります。
  • 出来た甘酒は原液のまま冷蔵庫または冷凍庫で約2週間ほど保存できます。
  • 温めて飲む場合は適量の水で薄め、一度沸かしてお召し上がりください。極少量の塩を加えると味に深みが出ます。夏の冷やもオススメです。
  • プレーンヨーグルトや焼酎やウィスキーなどとも相性が良いようです。